top of page
1_head_s.jpg

書家
祥洲の墨の世界 2

since2023

2024年道歴 60周年  プロ書家歴 47年
書家 祥洲の墨の世界にようこそ!

伝統は常に新しい感性を取り込みながら
脈々と受け継がれるもの
伝統書をベースに現代の書の最前線で活動する
書家
(書道家) 祥洲の公式サイト書家 祥洲の墨の世界 2」

本サイトは、141万ヒットを超えるアクセス数を誇る「書家 祥洲の墨の世界」の第2サイトです。

​1997開設、日本の書家サイトの草分け的存在である「書家 祥洲の墨の世界」は長年の運用でサイトが肥大化、またサイト制作ソフトも古くなりました。

そこでスマホや安全接続SSLなどに対応した当サイトを開設、第1サイトやInstagramと併用して最新情報をお知らせさせていただきます。

 多くの皆様にお楽しみいただければ幸せです。今後共よろしくお願い申し上げます。       祥 洲

141万ヒット超!「祥洲の墨の世界」第1サイトも公開を続けます。是非ご覧ください!

小川義文先生_s.jpg

​写真:小川義文 2019

展覧会予定

2024年の展覧会予定

祥洲と墨集団翔Sho
書・墨・美 2024

終了しました

3月1日㈮,2日㈯,3日㈰

<3 days exhibition>
ギャリエヤマシタ2号館1F

​(京都寺町三条)
 

五十棲 環・奥田百恵・櫻井史乃・
鈴木裕子・中西千裕・HILOKI・

福田匠吾・吉田和美・祥 洲

祥洲と墨集団翔Sho
書 +1

7月16日㈫〜21日㈰

ギャリエヤマシタ2号館1F

​(京都寺町三条)
 

梅垣邦枝・柴田俊恵・中川浩美

中村咲貴・西岡祐樹・畑 吏江

南 洋子・吉田和美

​主幹 祥洲

祥洲/墨翔会メンバー有志による書作展
さまざまな書のカタチ16

9月

ギャリエヤマシタ2号館1F

今後の展覧会予定

and more

2023〜2024年の最新情報

Instagram​やFacebookではサイトでご紹介していない活動もご覧になれます。是非お立ち寄りください。

  • Instagram
  • Facebook

   

NHK-BS にて放映 

「Corekyoto / 書に生きる」

3月21日(木) 午前11:55〜12:23

​こ視聴ありがとうございました!

2024.3.14 本サイト掲載

2021年秋、世界およそ160の国と地域で放映されたNHK国際放送番組「Corekyoto/書に生きる(英語版)」。 翌年2022年1月にはNHK-BS1で「日本語版」が放映され、更に同年10月には再放送。 そして再び、、、 来週 3月21日(木) 午前11:55~12:23 NHK-BS にて「Corekyoto/書に生きる(日本語版)」が再々放送されるそうです。 収録時はまさに世界中がコロナ禍。私がこの状況を作品として残そうとする様子や、これまでに取り組んできた伝統書、現代書、抽象表現、写真、デジタルアート、デザイン、パフォーマンス、書教育などを受け継ぎ活躍する川尾朋子、HILOKI、福田匠吾、更にメンバーへの指導風景などが紹介されています。 是非ご覧ください!!!

   

2024年の展覧会第1弾!

祥洲と墨集団翔Sho「書・墨・美 2024」

3月1日・2日・3日 <3days Exhibition>

※祥洲在廊日1&3日 13時〜17時

 ギャリエヤマシタ2号館1F

(京都寺町三条上がる西側)

2024.1.27 本サイト掲載

1998年にスタートした企画「書・墨・美」。5年振りに開催となります。 今回展では出展作品の1部を収録したポストカードタイプの作品集も限定数ですがご準備しております。 展覧会特設ページも合わせてご覧ください!

祥洲 出展予定作品 4点

かな書: 「いのち」、漢字書「月天心」、写真作「Changeless」、

デジタル作「痕跡と変容2024」

Inspired by the sound of Eric Clapton <River of Tears>

   

2024年の京都サンガF.C.

祥洲によるスローガン書

2024.1.17 本サイト掲載

2014年からのコラボも丸10年、今年も全力でスローガン書を書かせていただきました。 ●クラブ・スローガン 「共創 〜喜び・夢・感動をもっと〜」 「夢と感動を共有し、地域社会の発展に貢献する」というクラブ理念と、伊藤雅章社長の熱意が創作の源にあります。 ●チーム・スローガン 「強く超える 進化、深化、真価。」 J1で優秀争いをするために更なる高みを目指して欲しい。自分たちを自分たちで変えていくパワーを「強く超える」の書に感じていただけたら幸せです。 サンガ・サポーターの皆様はもちろん、多くの京都市民の皆様にも愛していただけことを願っています。

2024年の幕開けです

本年もよろしくお願い申し上げます

2023.11.22 本サイト掲載

皆様にとって素晴らしい一年でありますように! 本年は書道歴60周年の記念の1年になります。 より一層、真摯に書の道を歩みたいと思います。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 尚、勝手ながら案内状や年賀状などのご挨拶は控えさせていただいております。 お許しください。